Interview先輩インタビュー

Kensuke Suzuki

〈入社〉
2014年2月

〈仕事内容〉
光回線販売業務

営業第2G グループリーダー
鈴木 健祐

会社の“火”をもっと強く
そのためにできることはなんでもやる。

仕事に向き合う姿勢、
目線が違う。

大学卒業後、通信業界で経験を積んできましたが、元々店舗の接客ではなく営業がやりたかったこともあり、通信から離れようと思っていた時期がありました。そんなときに当時同じ量販店に配属されていた
弊社川野から「ウチだと別の道もあるよ」と誘っていただき、入社を決意。「いろいろな経験ができるだろう」と軽い気持ちで入った当社に今も在籍している理由は、メンバーが良いから。
「共に頑張っていこう」と思えますし、仕事に取り組む姿勢が他社の人間とは違うと思えるからです。

社員同士の仲の良さは
自慢のひとつです。

皆、仕事もプライベートもどちらも真剣に取り組む人間ばかりです。個性がバラバラでありながら、チームワークは悪くない。また、代表もそれを分かっているから、一人ひとりの色を見てくれ、働きやすいように配置してくれています。代表は、初対面のときから感じていましたが、しっかりと人を見てくれ、
こちらに興味を持ってくれる人です。そんな人に応えようとするから、皆、頑張れるんでしょうね。自分が良ければOKという人間は当社にはいません。相手のことを考えられる人間ばかりです。それは新しく入ってくるメンバーに対してもそうです。上の人間が率先してフォローし、誰に言われることなくイロハを教えていきます。年二回の社員旅行も自由参加ですが、皆が楽しみにしています。

今後は自分が先頭に立って
新規事業を立ち上げてみたいですね。

当面はできることを増やしたいです。代表と役員の仕事の負担を軽減できたら、ふたりがその分、他のことに手を回せるようになりますから。会社の中枢に関わっていくためにも、私自身、もう一段上に登らなければいけないなと感じています。その結果、社内で別の事業を立ち上げられたら最高ですね。