Interview先輩インタビュー

Masatomo Tanaka

〈入社〉
2019年9月

〈仕事内容〉
光回線販売業務(auショップ)

関西支店コンシューマー営業部 グループリーダー
田中 政智

これを最後の転職にする。
生涯Everyone’S宣言。

抜擢してもらった会社へ
貢献をして活躍していきたい。

通信業界に約15年携わっており、環境を変えたいと転職活動中に見つけたのがキッカケです。惹かれたポイントは水谷代表との面談。会社の規模感は一切関係なく、とにかく人間味に惹かれました。あとは、家族との時間をつくりたいと思っていましたので転勤の可能性が少ないところで探していました。入社してすぐに、これまでの経験を買っていただいたのか「和歌山エリアへ先陣を切って行って欲しい」と言っていただき、注力してきた結果、成果が上がってきているのが嬉しいところです。auショップイオンモール和歌山店へはなかなか自宅から遠いのですが(笑)、会社への貢献を考えると頑張りたくなります。

人材教育やマネジメントの経験を
活かして会社をより充実させたい。

入社して思ったのが、風通しの良さ。社員同士の距離感が近く、アットホームさは魅力だと思っています。前職が一部上場の企業でしたので、比較すると良い意味でも悪い意味でも小回りがきくと感じています。つい先日に新人挨拶をしたばかりなのに昇格とは、本当に有り難いお話です。生意気を言うようですが、これからの会社・もっとできる会社、だと感じていますので、関西支店の立て直しをはじめ、その未来の一翼を担えるように教育・マネジメントなど、これまでの経験をそこに活かしていきたいです。その経験値は持っていると自負しています。

代表と同じタイミングで
60歳を迎えたいなと思っています。

個人的に思うのが、通信業界の良さは未経験からスタートでき、誰でもできる仕事というところです。携帯電話がリリースされてから20年以上、今ではインフラのひとつ。まだまだ伸びしろはある業界、その中で存在感のある会社にしていきたいです。そして、自分の経験値を活かしていきたい。そのためにも、より人材教育に重きを置くべきで、会社は人材ありき、人材が良ければ会社は育つ…微力ながら協力をしていきたいです。
この会社で定年を迎えられるように、最後の転職にしたい、つまり生涯エブリワンズの気持ちです。それまでにもっと知名度を、もっと大きくしていきたいなと感じています。