Interview先輩インタビュー

Ryosuke Inaba

〈入社〉
2018年4月

〈仕事内容〉
光回線販売業務(auショップ)

本社コンシューマー営業部 グループリーダー
稲葉 涼介

組織に刺激を与える…
そんな存在になっていきたい。

ここで働きたいと思った会社から
役職を任せてもらえた嬉しさ。

調理の専門学校に通っていましたが、営業への憧れがあり、料理人への道には進みませんでした。待遇面や休日の充実を考えて、求人サイトを閲覧していたときに出会ったのがエブリワンズです。代表が話す動画や会社紹介の文面から好印象を持ち、面接の場を設けてもらい代表と直接対面して、そこで心は決まりました。それは、会話がしやすかったことと「ここが良いな」と感じたことがすべてです。それから約2年、今回最年少でのグループリーダーへの昇格は、とても嬉しく思っています。ずっとやりたいと思っており、代表へも直訴していたので、念願が叶ってた今はこれまで以上にやる気に満ち溢れています。

責任と期待を背負い、
自分にしかない魅力を前面に出す。

晴れて役職となったからには営業職なので目標必達を徹底し、受け持つ部下に対しての意識付けもしっかりと行っていきたいです。部下からの相談には丁寧に対応し、報連相を今まで以上にやっていかなければなりません。「こんなグループリーダーになりたいな」と漠然と思っていたのは、川口部長。ずっと自分の直属の上司であったので「そうなりたい」と思いますが、人にはそれぞれの良さがあり、向き不向きもある…そうなると、「自分の良い部分を見つめ直し、自分にしかない部分をしっかりと伝えていきたい」と考えるようになりました。

人間としての成長を遂げて
今まで以上に会社へ貢献していく。

目標は、大きく言うと人間としての成長。部下を持ち、人へ教えることも増えてくるので、今はそれが楽しみですね。入社当時と比べて従業員数は倍以上になった現在、「それは良いことだ」と感じています。そのおかげで競い合える環境があり、マンネリを感じることもありません。そんな社内で気になる人物は、同時期入社の秋枝グループリーダー。バリバリの営業マンで、向こうの数字は意識してしまいますね。ことあるごとに、自分と秋枝・前田の3人で「もっと会社を盛り上げたい」という話をよくしているんです。自分たちが上にも下にも刺激を与えられる存在になっていけると良いですね。